オススメのおまとめローンはこちら

キャッシングにおける総量規制という制度について

キャッシングというのは借金というイメージがありがちですが、返済などのルールをしっかりと守っていれば心強い味方となってくれます。

当然ですがこのルールにも初心者には分かりずらいものがありまして、それが総量規制という制度でしょう。この総量規制という制度ですが2010年の貸金業法の改正で定められたものであり、年収の1/3以上の貸し付けを禁止するという点と、借入希望額が一定以上の場合には収入証明の提出が必要となる点が重要です。

これらの制限を課すことで身の丈に合わない借金の申し込みを事前にはじくことが可能となるのが特徴であり、これらは通常のキャッシングに適応されています。

しかしこの総量規制という制度は一般的には消費者金融のキャッシングに適応されていますが、しかし総量規制対象外となるものも存在しています。それは銀行系ローンとおまとめローンとなりまして、こちらは借入側に対して低い金利となるためであったり、もともとの目的からして大きな金額が必要になるために、その場合でもさほど重大な貸し付けトラブルになりにくいという点から、総量規制対象外というものになっています。そのために自分にあったキャッシングを知っておくと、総量規制が必要なものか、あるいは総量規制対象外のキャッシングを選ぶべきかを知ることができます。


このページの先頭へ