オススメのおまとめローンはこちら

キャッシングにおける総量規制という言葉について

キャッシングやカードローンについては初めて借りる人には不安なことだらけだと思います。

さらには専門用語などもあって混乱することがあるかもしれませんので、今回はその中でもよく使用される総量規制という言葉について説明していきたいと思います。総量規制という言葉ですが、これは貸金業法に定められている制度であり、個人がキャッシングやカードローンでの借り過ぎによる金銭トラブルを未然に防ぐために制定されたものです。

その主な条項としてはまず年収の1/3以上の貸出を金融業者に禁止するというものです。これにより返済能力を超えた借入をすることが抑制されたので、過度な借金を背負うなどという問題は減りました。

また借入希望額が50万円を超えると本人確認書類として収入証明の提出が義務づけられましたが、これも個人の返済能力をしっかりと確認するという意味合いがあります。しかしこの総量規制という制度には例外があり、それはおまとめローンや銀行系ローンは総量規制対象外となるのです。

もちろん度を越した借入希望は審査に通りづらくなりますが、返済能力があると見なされれば低い年収でも借入をすることができますし、あるいは高額な借入も可能となるのです。


このページの先頭へ